HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
TREKKING −トレッキング トレッキング|山登りコラム|スケジュールレポート山情報
山登りコラム
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
リンク
最近のコラム
カテゴリ
ページ内検索
OTHERS
<< 体幹(コア)部のリセット | main |
ニュージランドのトレッキングでのトイレ事情
 正月早々ニュージランドへトレッキングに行ってきました。今回は、南島の2つのルートを歩きました。
 ニュージランドは日本と季節が逆ですので、ただいま夏です。コースは、もっとも人気のミルフォードトラックとルートバーントラックです。
 今回ちょっと油断して日程が狂いました。半年前では遅すぎます。1年前くらいからの準備が必要です。
 どちらも入山規制があり、その予約が、世界中のトレッカーのあこがれですから大変です。それぞれ、48名、50名/日の限定です。

 ミルフォードトラックは53.5kmを3泊4日で歩きます。ルートバーンは、32kmを2泊3日。今回はつなぎの1泊を入れて6泊7日で連続して7日間歩きました。(途中下山口、登山口間をバス移動)。
 場所は南島の西端に近いところで、遠い遠い所です。移動距離が半端でありません。
(ニュージランドは、日本の本州くらいだと思ってください)

 ただ、2通りのトレッキングのスタイルがあります。ガイド付きウォークと個人ウォークです。
 前者は、専用の山小屋では、食事やワイン、お弁当に午後のお茶まで用意してもらえますので、重い荷物をかつぐ必要がありませんし、ガイドから樹木や風景についての解説が聞けますから、自然の理解度や面白さも倍増します。
 もちろんケガや悪天候などトラブル時の対応も万全。しかも山小屋にはベッドを備えた個室、シャワーや乾燥室も完備されており、至れり尽くせりです。経験すると日本の山小屋にはもう泊まれないとのこと。
 では、我々は?。個人ウォークです。
 装備は、50ℓ以上のザックに寝袋、鍋釜、日数分の食料を背負って歩きます。3食作る必要が有ります。小屋には、マット、ガス、水は完備。
 でも、風景、渓流、風、水、動物、足元の草花は同じものです。 詳細はまた別の機会に。

 今回は、「トイレ」事情を紹介します。

 小屋のトイレは食堂棟、宿泊棟とは別にあります。日本の南アルプス南部の小屋がほとんどこのスタイルです。ここが洗面所を兼ねています。
 シャワーが無いので一時的にちょっと込みますが、上記の人数ですので比較的気楽です。
 コース上のトイレは、午前、午後に1つくらいの割合に設置されています。また、途中にシェルターという避難小屋があり、悪天候でも休憩が出来ます。そこにもトイレは設置されています。

 トイレも更新されつつあり、ミルフォードトラックは新旧が入り交じっています。
 新しいタイプは、日本の仮設トイレ(愛媛マラソンとかに使っている90cm角位で、便槽が下にあるタイプ)によく似ていますが、常設も大きく、また、臭気換気のファンもずいぶん大きい。回収はヘリで本体ごと交換のようです。
ニュージランドのトレッキングでのトイレ
 また、登山口近くのトイレは、日帰りウォークの登山者を考慮して、便槽が動く構造で容易に交換でき、便槽のみをヘリでピックアップして交換できる方式になっています。
ニュージランドのトレッキングでのトイレ
 
 
 日本の山のトイレは“あとは野となれ山となれ”式で、たれ流しにしたり、金をかけて、バイオマスとか燃焼したり、大小を分離したりでトイレそのものに金をかけ、その場に恒久的な施設(箱物行政−南アルプスの小屋のトイレは2億円のものがあります。)設置して、あとはお任せ。(自然にまかすか、微生物にまかすか、利用者にまかすか=チップ)

 NZでは、イニシャルコストを安く(数百分の一)。ランニングコストは利用者負担(ヘリで運ぶ)。
 ヘリ回収には費用がかかります、日本の場合、チップは1コイン(=100円)ですが、それでは、搬送費用の半分以下しかまかえないそうです。NZのこのコースは入山料(&小屋使用料等)に含まれているのです。
 でも、日本の山でも南北アルプスでは、営業小屋がほとんどで、どれかに“必ず泊まる”、そこには入山料的な費用が含まれているのだから、日本の小屋では1コインを別に徴収されたり、宿泊者専用トイレにチップ箱が有ったりするのはちょっと疑問。
(二重取りに思える)  屋久島のように日帰り登山がメインのところは別ですが。

 また、日本の携帯トイレなどのような考えかたは無いようです。現地の指導は、やむを得ない場合は穴を掘って済ませ、用済み紙は“必ず持ち帰る”。現在日本では、北海道の一部でそのような指導を始めています。
 使用感は、天井の明かり取りが大きい。でも、見ようとしないでも明るいので中が丸見えでぎょっとします。でも臭いは無い。まあ、快適です。紙が有るところもあります。

 ニュージランドは、トイレの心配はありません。
 またトレッキングを企画しますので、ご一緒しましょう。

by りゅうちゃん
2012.03.03 Saturday | おすすめ | comments(0) | by Palfield
コメント
コメントする