HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
TREKKING −トレッキング トレッキング|山登りコラム|スケジュールレポート山情報
山登りコラム
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
リンク
最近のコラム
カテゴリ
ページ内検索
OTHERS
<< 水分補給について | main | ニュージランドのトレッキングでのトイレ事情 >>
体幹(コア)部のリセット
 加齢、嫌な言葉ですね。
 もう今年も暮れになり、また一つ歳を重ねることになりました。老化の波が次々に押し寄せている気配を感じます。
 車にたとえると、くたびれたところをひとつひとつ調節・修復し、ゆっくりと低下(=老化)していくにちがいないポンコツ車をていねいに乗りこなしていくようなテクニックを獲得したいものです。
 壊さずに、まんべんなく磨り減っていくような体の使い方を試みていきたいものです。
 そういった調節・修復の場として、登山(山歩きの方がふさわしい)は、それを実践するには非常に楽しい手段だと思います。

 若者にとっては成功か失敗かという二者択一のところでも、あれこれ考えながら無理をせず、無駄をせず、それでいてちょっと過激にトライしてみるという味わいが存分に楽しめるのが山歩きです。
 でも、人は歳をとっても、けっこう突っ走ります。皆さんの登山スタイルは、挑戦的な「右肩上がり」の登山にはまっています。
 一方で、ある日突然「右肩下がり」になる。老化現象のひとつが顕在化したと考えても良いでしょう。
 右肩上がり時代の夢と現実の肉体が、どんどん差を広げていくように思われる。肉体的な不安があっても気持ちとしては「未踏の山」に惹かれてしまうと云う行為です。
 そういうかたちの背伸びが肉体に無理を強いる。そして無理が明らかになると愕然とします。
 山との関係をどのように組み立て直したらいいのか、あるいはいさぎよくリタイアすべきなのか。このような選択は人生の黄昏時にはいくつもの場面に登場してくるのです。
 ……だから、いつかはリタイアする登山を頭の片隅に置きながら、数年でもリタイヤを延ばしたいと、多くの方が体力のリセット(reset)を試みています。
 出来れば、5年くらい、いや10年位若い体力を維持したいと思っているはずです。

 では、どのように機能不全に落ちつつある体力を、再起動させて、ねじを巻き直すのでしょうか。
 自分(ガイドリュウちゃん)の最近の体験から、少し屁理屈を。
 ジムに行っています。また、肩を痛めた(登山中ではありません)ので、あの有名なTクリニックへも毎週通っています。
 Tクリニックの若い理学療法士の言葉から、全ての問題点の“解”をもらったように思いました。
 それは、“肩甲骨の硬さ”です。この言葉について、いろいろ、調べてみると、多くの思い当たることがあり、その硬さにより、肩が機能不全に陥り、猫背になり、肩こり、頭痛、歯痛の症状がありました。
 まず最初の、リセットの対象が“肩の硬さ”です。すると、不思議にここ何年も付き合った肩こり、頭痛、歯痛が全くなくなりました。
 ランニングも、「肩甲骨で走れ」とあり、実践中−気持ちの良いフォームが出来つつあります。
 肩のリセットが出来そうです。
 体幹(コア)トレーニング、インナーマッスルなどの言葉を聞いたことがあるかと思います。でも、聞き逃している方がほとんどですが、自分もそうでした。
 でもこのたび柔軟性の重要性を垣間見ました。
 残念ながら、今、通っているジムではそのようなトレーニングのメニュー、用具は全くありません。(他のジムでは少々見ました。)
 今後、このジムとどうつき合うかは、個人レッスン(時間¥6,300)を受けて、相談してからかな・・・。
 ジムよりも、“MBTシューズ”を四六時中は履くほうが、リセットの必要な老化した自分の体幹(=胴体部)には遙かに効果がありそうです。
 でも、自分は一番長く履いている靴が、作業安全靴、そしてランニングシューズ、そして登山靴。履くチャンスはMBTでランニングかな。

 で、現実には、体幹(コア)部のリセットをどうするかを、思案中です。一緒に考えましょう。

 鎧のような筋肉は不要です。この体幹(コア)部のリセットが出来れば若々しからだに戻り、登山体力をのばし、まだまだ黄昏の人生を楽しむことが出来るでしょう。
2010.12.07 Tuesday | おすすめ | comments(0) | by Palfield
コメント
コメントする