HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
TREKKING −トレッキング トレッキング|山登りコラム|スケジュールレポート山情報
山登りコラム
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
リンク
最近のコラム
カテゴリ
ページ内検索
OTHERS
<< 縦走登山の楽しみ | main | 水分補給について >>
アンダーウェア
北三方ヶ森:やっと下山口(バンザイ!)良く歩いたよね。 今冬のPAL TREKも皆様のおかげで中止もなくて開催ができました。運よくお天気にも恵まれ、皆様のご協力の下、安全実地出来ました事、誠に有り難うございました。

 今回はアンダーウェアのついてのお話です。

 登山のアンダーウェア(下着・肌着)に日常生活の下着・肌着を使っていませんか。

 下着に綿製品を着用している方も見かけられます。幸いなことに、今まで大事には至っておりませんが、大量にかく汗で不快になったり、不安になったり、また、休憩中にその汗が冷えて寒くなり、重ね着をしても何時までも冷たくて、行動力が低下することがあります。
エイザンスミレ 実際、そうなった方に、綿の下着を脱いでいただいたこともあります。
 昨冬から爆発的に売れたU店の“あったかい”下着はほとんどの方がご存知だと思います。PAL TREKでも何人かの方が着ていましたが、山での着心地はいかがでしたか。山登りに着用すると、汗冷えで不快感をもたれたのではないでしょうか。
 登山は非日常的な行動です。日常的なものでは通用しないこともあります。
 アンダーウェアの機能は、汗をすばやく吸収し、拡散してすぐに乾き、肌をドライに保つことが最も重要です。さらに、寒いときは保温性が必要です。
 その機能を持った登山用アンダーウェアをぜひ着用して下さい。

シロバナショウジョウバカマ 汗をかけば、下着は“濡れる”→ “体の内面から体温を奪う”→“疲労、低体温症”、になって命を落とす事に成りかねません。現にいくつもの凍死の事例報告がなされています。
 もちろんミドルウェアもアウターウェアも大切ですが、私はアンダーウェアが一番大切だと考えます。皆さんはその大切さの順番が逆になっていませんか。
 冬の下着には、○ウール ○ウールと化繊のハイブリッド ○化繊(主にアクリル系)があります。それぞれ特徴があります。
 昔、雪山に行くのに父親の一張羅のらくだの股引を母親に言ってそっと借りていったことを思い出します。
 論より証拠でいろいろ実験をしてみました。

【実験の方法】
乾燥した重量測定 ⇒ 洗濯機で水洗い&脱水(途中で絡まりを直し均一に脱水させる)⇒ 重量測定 ⇒ そのままで室内で1時間吊す ⇒ 重量測定 ⇒ そして着用してみました。

(表の「体感」は私の感想です。)
種類下着の下沢用パンツあったか下着速乾Tシャツ冬用アンダー10年前の
冬用アンダー
綿Tシャツ
メーカーファイントラックファイントラックノースフェイス
材質特殊ポリ特殊ポリポリ+指定外繊維アクリル+ポリ綿
乾燥重量46g215g155g125g160g240g195g
洗濯後重量52g245g225g165g200g325g325g
↑この時の水分含水率13%14%45%32%25%35%67%
室内で1時間放置後重量46g215g190g135g160g270g290g
↑この時の水分含水率0%0%23%8%0%11%44%
↑これを着た時の体感快適快適非常に冷たい冷たい快適ちょっと冷たい非常に冷たい
登山の下着として×冬用としては××
今の利用方法登山登山平地(日常)平地(日常)登山平地(日常)平地(日常)


 結果、日常生活(平地用)の下着は水の吸収は良いが、拡散(乾き)が非常に悪いのです。如何に登山専用の下着が、高性能高機能であるかがおわかりだと思います。
 雨のとき、合羽を着ているときの下着はどうされますか。
 冬場、標高が高いところでは、天気が悪くなると気温も下がりますが、しかし合羽の中は蒸し風呂状態。こうなるとまっさらのゴアテックスのウエアでも役立たず。そんな時は、私達は沢用のパンツをはいていきます。
フクジュソウ この内容は冬を想定していますが、3000mの夏山においても同様な事がいえるわけで、標高100M増す度に0.6℃下がり、地上よりも約18℃も気温が低下、天気が悪いとさらに下がります。また、風があると風速1m/secあたり1℃も体感温度が下がります。
 これから夏場に向かって気温がだんだんと高くなります。そのときの重ね着は? 基本は、限りなく薄着。そんな時、UVと、汗を肌から吸い取り、直ぐに下着から水分を飛ばす機能(吸汗拡散)を持った下着を着用して下さい。

 夏には、夏用のアンダーウエア、冬には冬用のアンダーウェアを着用しましょう。
 もう一度下着の重要性をこれを機会に見直してみて下さい。
2009.04.18 Saturday | おすすめ | comments(0) | by Palfield
コメント
コメントする